カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

渡辺 一正

Author:渡辺 一正
出身:大阪府
生年月日:1964年(おうし座)
趣味:ゴルフ、マラソン、旅行 他
経歴
1987年 同志社大学経済学部卒業
同年   株式会社JSP入社
1991年 同社退社
同年   新英産業株式会社入社
1993年 同社取締役就任
1998年 同社常務取締役就任
2008年 同社代表取締役社長就任
   現在に至る
所属・役歴
(社)大阪青年会議所 名誉会員
 (2004年度 第54代理事長)

FC2ブログランキング

励みになります。

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキング              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆              人気ブログランキング              人気ブログランキングへ

FC2カウンター

リンク

コメントありがとうございます

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:夢・経営理念
過去3回にわたってお送りしてきた小林製薬の経営観も今回で最終回を迎えました。
最後は「熱意と執念の経営」をお送りします。

小林会長は人についてこう言います。「学問や手腕がなくても人は使えるが、熱意がない人は使えない」と・・・

一般的に学力やマーケティングなどの各種手法などを持っている人ほど仕事ができると言う風に考えられますが、それよりも大切なことは仕事にかける熱意だと言う訳です。言われてみればごく当たり前のことも、いつしか大前提に押しやられて、ふと気がつくと重視されていないことが多いのでしょう。。。私自身今一度気をつけなければならないことだと思いました(^^;

そして、その「熱意」についてこう続けます。「誰しもみんなが努力しているが、出来る人、成功する人とそうでない人の差は最後の最後のホンの1cmの差でしかない。その最後の1cmが熱意なんだ」と・・・

奇跡の復活として話題になった旭山動物園を例にとりながら「やらなければならない!やらなければ終わってしまうと切羽詰って必死にもがき苦しみ筆舌難い苦労の中で初めて何かが変わりそして道が開けることが多い。まさに窮して変じ、変じて通ずのだ」と。だからこそ社内で何かあった時に「社員からできません」と言ってきたら「できないのはやらないから!もう一度やれ!!」と言うそうです。そして更に続けて「現実的にはもういっぺんやれ!と言わないとやらないもんです。」と言います。まるで「突き落として初めてやり始める」と言われたような気がしました。言葉だけを捉えると非常に冷たい感じがしますが、その実は非常に懐が深く信じ切っていないと言えない言葉のように思います。なぜなら、続けて「自分で信じて突き進む勇気があれば成功する」ということを青色発光ダイオードの発明者である中村修二氏から学んだと言われたからです。

小林会長は、毎年新入社員へ「逆境が人を育てる」と言う言葉と、梶浦逸外老師の「何があっても、おめでとう」と言う言葉を贈るそうです。昨今の新入社員は7・5・3と言われ、中卒で7割、高卒で5割、大卒で3割が入社3年以内で離職すると言われていますが、ちょっとした逆境からすぐに逃げ出そうとする今の若者への「人にとって熱意と執念こそが最も大切なものなのだ」というメッセージなんだろうと思います。

そして日本電産の永守社長の哲学「すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」これこそ熱意と執念の経営の真髄なのだと言われました(それにしても本当に次から次へと色々な方の名前が出てきて、失礼な言い方ではありますが、あれほどの企業の会長であっても日々研鑽されていることが良く分ります)

最後に
①油断、安心、怠慢 これ災いに至る
②疾風に勁草を知る(激しい風が吹いて初めて強い草が見分けられる。転じて、苦難や事変に遭遇して初めてその人の節操の堅さや意志の強さなどが分かる。という意味 By慣用句辞典)
③のたうちまわる苦しみの中で成功を勝ち取る
④Big Change is Big Chance

と言う言葉を残されて講演を総括されました。

私自身、今一度これらの言葉をしっかり胸に刻み日々の仕事に精進していきたいと思います。


私自身の備忘録という意味合いもあったのですが、相変わらず堅苦しい記事になりましたこと最後にお詫び申し上げます。長々とお付き合いいただきありがとうございました <(_)>

少しはお役に立ちましたでしょうか?

人気ブログランキング人気ブログランキングへ

FC2ランキングちょっと不振です(汗)
FC2人気ブログランキングポチッと押してぇ~

スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:夢・経営理念
「創造と革新の経営」「全社員参加型経営と現場主義の経営」に引き続き、小林製薬の経営観第3弾「解りやすい経営」をお送りします(^^)

小林会長はとにかく「解りやすい事が大切」だと言います。

病院の案内で、「内科は2つ目の角を右に曲がって突き当りの階段を2階へあがって…」とやるよりも「内科でしたら、床の赤い線に沿って進んでください」とやった方が遙かに解り易く間違いがないのと同じように、有名なサウスウエスト航空京セラのアメーバ経営を例にとりながら、コンセプト・ネーミング・パッケージ・広告と、とにかく解りやすい事が大切だと言います。(なるほど! 小林製薬のあのコマーシャル、パッケージ、ネーミング、商品展開はここから来ているのか!と凄く納得です^^; )


小林製薬ではこの解りやすさを実現するために、常日頃から訓練しているそうで、その1つが幹部論文です。
幹部は定期的に「自分の仕事内容と問題点を明確にし解決策を書く」のですが、半分以上の人がその内容をごちゃまぜにして書くそうです。正しくは「仕事内容」「問題点」「解決策」と順番に書けばいいのですが、訓練されていないと小林製薬に入社するような優秀な人たちでさえ、理路整然とした文章にならないそうです。それを指導しながら直していくことで、徐々に理路整然とした思考回路が出来上がるのでしょう。結果、誰にでも解りやすい文章が書けるようになるそうです。

社内文章は「One is Best!」とされ、すべて1枚で表わさなければいけませんし、責任者は誰かが常に明確になっているそうです。
よくあるような、なんとなく決まって「責任者が誰か分からない!その場にいた人の共同責任だ!」というのは最悪だとまで言い切っておられました。


次回は最終回として「熱意と執念の経営」をお送りします(間に別の記事を入れるかもしれませんが・・・)


少しはお役に立ちましたでしょうか?
「おもしろかったよ!続きも期待してるよ!」って思われた方はランキングのクリックをお願いします(^^)


人気ブログランキング人気ブログランキングへ

FC2人気ブログランキングFC2ランキング不振です(汗)ポチッと押してぇ~

DATE: CATEGORY:夢・経営理念
前回に引き続き、小林製薬の小林会長の経営観について書きたいと思います。

現在の小林製薬を築き上げた小林会長は、「小林製薬の強さは全社員参加型の経営」にあると言います。全社員参加型経営と一口に言うのは簡単ですが、やはりそこには多くの仕掛けが用意されています。

せっかく自分なりにきっちりと成果が出せたつもりでも、人に気が付いてもらえないとモチベーションが下がってしまったりしますから、自分の成果をアピールする「青い鳥カード」や、ちょっとしたことでも褒めるメールを毎回きちんと送る「ホメホメメール」、階層意識を排除するための「さん」付け呼称の徹底、モチベーションの向上と維持のため「小林会長や社長を囲んでの表彰夕食会」、企業価値を高めた運動を表彰する「コーポレートブランドチャンピョン大会」と、とにかく「やる気」「モチベーション」を高めるための仕掛けが「これでもか!」って、いうほど用意されています。

中でも、驚かされたのは「提案制度」で出てくる提案の数!

なんとその数、年間35000件!! 工エエェェ(゜0゜)ェェエエ工

社員数が1300名足らずですので、一人当たり年間27個の提案がされると言うことです。この件数が如何に驚異的なものかがお分かりいただけるかと思います。しかも、提案制度と言うのは、多くの企業で取り入れられて行われている制度ですが、大抵は2~3年でマンネリ化して形骸化されていくのですが、小林製薬では制度をスタートさせてからずーっとこの35000件が維持されているそうです\(◎o◎)/

さすがに、意表を突く変わったネーミングと、「そうそう!こういう商品が欲しかったのよ!なんで今までなかったんだろう?」と思わせる商品を次から次へと生み出すことで今の地位を築き上げてきた企業です。

全社員が、まさに四六時中考えてないと毎年毎年27個もの提案なんて出せるはずがありません。繰り返しますが1300人全員が毎年27個の提案をするんです。1人、2人のスーパーアイデアマンが考えて出せる数字じゃないですよね。こうなって初めて全社員参加型の経営と言えるのでしょう。

改めて「経営は戦略、企業は人」であり、人を支えるのは社員一人ひとりのモチベーションなのだ!と思い知らされました。(そう言えば、モチベーションと言う言葉が広く世で使われるようになったのは、カルロスゴーンの発言からだったような気がするなぁ~)


経営者に対しては「現場情報が決断の決め手だ」と現場主義の経営の大切さを訴えます。

現場は正直で、意識を持って現場に行けば「今何が問題かがすぐに分る」と・・・学ぶ気がなくては何も見えないが、学ぶ気持ちがあれば、現場は様々なことを教えてくれるのです。多くの有名な経営者の名前を挙げながら、「優秀な社長は現場に強く、ダメな社長は現場に弱く、現場が嫌いだ!」

私も可能な限り、毎日現場には足を運びますが、まだまだ意識が弱いな!もっと「学ぶ意識」を持って現場に行かなければいけないな!と思いました (^∀^ヾ|



相変わらず、かた~い記事でスミマセン(^^;  次回は「解りやすい経営」を予定しています(^^)


少しはお役に立ちましたでしょうか?
「おもしろかったよ!続きも期待してるよ!」って思われた方はランキングのクリックをお願いします(^^)


人気ブログランキング人気ブログランキングへ

FC2人気ブログランキングいつものこちらもポチッと押してねぇ~

DATE: CATEGORY:夢・経営理念
先月、大阪JCのOBの集まりで、大阪JCの歴代理事長の1人でもある小林製薬の小林会長の講演を聞く機会がありました。
さすがに今の小林製薬を築き上げた人の話だけに説得力があり、せっかくなのでブログの記事にしようと思っていたのですが、そのときのメモを紛失してしまってた事と、ここ1ヶ月ほどは面接等で忙しかったため、なかなか記事に出来ませんでした。
しかし今回、なくしたと思っていたメモが見つかったこともあり、今回から何回かに分けて、私なりに理解した範囲でしかありませんが、ご紹介したいと思います。(私の感想などは最後の回にまとめて書きます)
というわけで、今日はその1回目「創造と革新の経営」をお送りします。



小林製薬の経営理念は「創造と革新」です。

創造とは自ら新しいものを創り出すことであり、革新とは今のやり方・考え方を変えて新しくすることですが、小林会長によると「企業経営においてはこの創造と革新の報酬が利益」になるのだそうです。
進化論を唱えたダーウィンの「地球の歴史の中で生き残ってきたものは、力の強いものでもなければ頭の良いものでもない。変化に適応していくもののみが生き残る」といった言葉を引用され、さらには世界中の人々が愛してやまないディズニーランドの経営哲学「永遠に完成しない!」を引き合いに出して変化と創造・革新し続けることの重要性を説いておられました。

続けて、「絶頂期にこそ悪い芽が育つ。これを成功の復讐という」と警鐘を鳴らします。
物事がうまくいき成功すればするほど、そこに油断や甘え、そしてこうやれば成功するのだという固定観念が生まれ、創造と革新を阻害してしまうのだそうで、小林製薬でも何度も痛い目にあってきたそうです。だからこそ、「絶えず危機感を持って仕事に当たる」事こそが大切なんだと・・・

さらに、「継続は悪」だと断言します。ルーティンの仕事は問題を起こすことは少ないが、ルーティンの仕事では成長しないのだ!と・・・

そして「学習性無気力感」の恐怖についてこう語ります。「今のままでは良くないと分かっているのに、色々試してもうまくいかず、そのうちに現状に慣れてしまって悪い意味で学習して、人は無気力になる。しかし、これが一番悪い状態で最も避けたいこと」だと。

生き残り、成長し続けるために創造と革新し続けることが大切で、それを阻害する成功時の油断とルーティンの仕事、学習性無気力を如何に排除し続けるか?!

小林会長はその答えを、短く静かに、しかし力強く「四六時中考え続けること」と答えました。


次回は「全社員参加型経営と現場主義」をお送りします。


少しはお役に立ちましたでしょうか?
「おもしろかったよ!続きも期待してるよ!」って思われた方はランキングのクリックをお願いします(^^)


人気ブログランキング人気ブログランキングへ

FC2人気ブログランキングいつものこちらもポチッと押してねぇ~

DATE: CATEGORY:その他
取れたんです・・・歯のつめもの。。。
先週の水曜日の朝、食事をしていたら、カパッ!て感じで取れてしまいました。(大汗

水曜日は目もまわる忙しさだったんですが、すべてを後回しにして歯医者に行きました(^^;
ちょいちょいって、つめものを付けてくれればそれで良かったんですが、どこの歯医者でもそうですが、「中に虫歯が出来ちゃってますから、一からの治療になりますよ!」って言われて、今日2回目に行きました。(まあ、この歯治療したのはたぶん25年以上前だと思うので、仕方がないと言えば仕方ないとは思うんですが・・・)

それで今日、型を取る際に、「どうします?金にしますか?」と・・・・




そうなんです。実は私の口の中の治療してある歯はすべて金歯なんです。

というのも、中学、高校時代に一番、虫歯を作ったんですが、その時に親が「歯は大事だからケチっちゃダメ!」と治療の際には必ず金歯にしてくれたからなんです。
おかげで、その後の治療では必ず「違う種類の金属が入るとイオンが・・・、それにやっぱり歯には金が一番良いのは間違いないですから・・・」とかなんとか言われて、口では「うちはどちらでも構いませんよ!」とか言いながらも、どこの歯医者に行っても、なかなか他の歯を入れさせてくれないんです。。。_| ̄|○

金は保険きかないし、高いんですよねぇ~(汗
帰り際に、「次回は金歯の費用を持ってきてくださいねぇ(^^)」 と念を押されてしまいました_| ̄|.....○))

あぁ!先日、夏の新しいスーツを頼んだばかりだと言うのに、また余計な出費が・・・


と言う訳で、まだまだこれからしばらくも金欠病のままと思われます(笑


ブログランキングに参加しています。応援お願いします(^^;

人気ブログランキング人気ブログランキングへ

FC2人気ブログランキングいつものこちらもポチッと押してねぇ~
DATE: CATEGORY:採用活動
長かった現場社員の採用活動もようやく一区切り付きました。

服部緑地の桜
先日大阪の服部緑地で撮った桜です

何度かこのブログの記事でも取り上げましたが、今回の募集は複数名の募集でしたので、誰か1人良い人が現れたらお終いというものではなかったので、随分費用も時間もかかりましたが、まずまず満足のいく結果だったように思います。

今回はマイナビ転職というネット求人広告を使ったのですが、使ってみた結果を振り返ってみますと

メリット
1.若い世代の人は「職を探す=ネット」という考え方が定着しており、若い世代を募集したいのであれば、他の媒体と比べて圧倒的にネットが有利(っていうか、今や他の媒体で「若い世代&優秀な人」を採用するのは不可能に近い)
2.他の媒体に比べて圧倒的に多くの情報が載せることができるので、応募者もあらかじめどんな会社なのかが分かっており、比較的定着率が良い
3.ネットならではの検索機能があり、欲しい人材(経験、資格、経験、年齢、居住地など)を絞ってDMを送る事が出来る
4.応募時点で簡単な履歴書を送ってもらえるので、事前に聞きたいことなどが整理しておける
5.掲載期間が長いので、じっくりと腰を落ち着けて採用活動ができる(応募者も多くなる


反面デメリットとしては
1.他の媒体に比べて圧倒的に費用が高い(5~6倍)ので、よほど「明確なターゲットがある」とか「複数名以上の採用」などのメリットが活かせないと使えない
2.掲載期間が長いのでダラダラと応募があり(掲載当初ならびにDM発送後ほど応募が多く、だんだん減るという傾向はあるが)、応募者間の比較がしにくい。

といった感じでしょうか?

DMを使ったのは今回が初めてでしたが、かなり効果がありました。
またDMを送った方で応募があった方のドタキャンは1件もなかったことには驚きました(^^)


夕方、すべての面接が終わった時を見計らって、マイナビ転職の担当者の方が今回の求人広告のアクセス解析を持って弊社を訪ねてきてくださいました。(他社ではこのようなサービスはなかったなぁ~)
結果は、社内でも話題になるほどの成果だったそうです。\(^o^)/
1か月の総アクセス数も製造業の製造スタッフとしては異例ともいえるアクセスがあり、なによりも良かったのは、DM配信に対する反応率の高さだったそうです。
通常DM配信数に対して5%の応募があれば良い方だそうですが、弊社ではその倍の約10%が応募につながりました。

いったいどんなDMを送ったのか?どうすれば製造業の製造スタッフでこれだけの成果があげられるのか?と言う事を知りたいと言う事でした(^^;

通常なら完全なノウハウ部分になりますので、一切お教えしないところなのですが、担当の方がいろんな部分で大変尽力してくれましたので、特別にお見せしました。
すると、ずいぶん感心して頂いて「これ、やっぱり他の営業に教えたくないなぁ~」なんて嬉しいこと言ってくれるじゃないですか!(単純なおだてに弱い、私ですが、なにか?!・・・)


最終的に、数多くの応募をいただくことができ、順次採用させていただいたのですが、今日ですべての面接が終了し、これから最終の選考に入り採用者を決定します。(辞退されなきゃいいんですが。。。汗)

次は来年度の新卒!そしてそれが終わったら、次の仕事(新たなスタート)が待っています。

さあ!がんばるぞ!!

満開の桜

ブログランキングに参加しています。応援お願いします(^^;

人気ブログランキング人気ブログランキングへ

FC2人気ブログランキングいつものこちらもポチッと押してねぇ~

DATE: CATEGORY:その他
今日から発売のメガマフィン!

メガマフィン

ソーセージエッグマフィンが好きな私は、さっそく朝から買いに行って食べましたよ\(^o^)/
ソーセージエッグマフィンにチーズとベーコン、ソーセージパティを1枚足した格好になるのですが、しっかりボリュームがあって朝からお腹一杯です(^^;

ボリューム満点
おいしかったですよぉ~

最近、走ってないので、すっかりお腹周りも体重も元に戻ってきているのに、朝からこのカロリーはまずかったかなぁ~(汗

今日は来客などがありますが特に体を動かすわけでもないので、夜は久しぶりにジムへ行くか?最悪でも打ちっぱなしで少しはカロリー消費するようにしなくっちゃ(^∀^ヾ|


ブログランキングに参加しています。応援お願いします(^^;

人気ブログランキング人気ブログランキングへ

FC2人気ブログランキングいつものこちらもポチッと押してねぇ~
DATE: CATEGORY:企業経営
今日は4月1日!4月1日と言えば、新入社員の入社日です(^^)

弊社でも、本日より今年の新卒が入社してまいりました\(^o^)/

朝いきなり感じたことは「面接をした時と比べて随分と大人になってた!」ってこと(^^;

気のせいかもしれませんが、きっと、社会人になるにあたってこの1年で随分と本人も成長したんだと思います。

朝の朝礼で紹介した後、自己紹介をした時には随分と緊張していましたが、少しづつ社会人と言うものに慣れていってくれればと思います。

今年の新入社員は、営業配属が決まっていますが、今日から、現場研修として各工場を回ります。実際に製造に携わり、どういったところが大変なのか?難しいのか?などを身をもって体験してもらえればと思っています。(これを経験しておかないと身勝手な営業になりがちですから…)

うちの研修は、ハッキリ言って大企業などに比べてもかなりしっかりしたものが組まれていると思います。

現場研修の後も荷受や事務所での研修があり、事務所研修では営業事務の伝票打ちや来客の応対、電話の取次ぎなどを理屈だけでなく実践して覚えてもらいます。これは弊社独自の研修ですが、かなり研修としては有効な研修だと思っています。

また、今日からビジネスマナーなどのOFFJTも始まりました。OFFJTは25講座あり、半年間ギッチリ研修して、どこに出しても恥ずかしくないように育ててまいります。


同時に、新卒が入ってきたばかりと言うのに2009年度の新卒採用も具体的に動き出しました。

5月には、ある大学の学内合同説明会に参加することが正式に決まりましたし、5月17日には会社見学会も行ないます。(一年って本当に早い。。。)

こちらの方もしっかり準備して、将来の礎を築いていきたいと思います。


まだしばらく忙しいですが、がんばります (^∀^ヾ|


ブログランキングに参加しています。応援お願いします(^^;

人気ブログランキング人気ブログランキングへ

FC2人気ブログランキングいつものこちらもポチッと押してねぇ~


copyright © しあわせをつかむ戦略経営日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。