カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

渡辺 一正

Author:渡辺 一正
出身:大阪府
生年月日:1964年(おうし座)
趣味:ゴルフ、マラソン、旅行 他
経歴
1987年 同志社大学経済学部卒業
同年   株式会社JSP入社
1991年 同社退社
同年   新英産業株式会社入社
1993年 同社取締役就任
1998年 同社常務取締役就任
2008年 同社代表取締役社長就任
   現在に至る
所属・役歴
(社)大阪青年会議所 名誉会員
 (2004年度 第54代理事長)

FC2ブログランキング

励みになります。

FC2Blog Ranking

FC2ブログランキング              ☆☆☆☆☆☆☆☆☆              人気ブログランキング              人気ブログランキングへ

FC2カウンター

リンク

コメントありがとうございます

最近の記事

カテゴリー

最近のトラックバック

FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:読書・雑誌・雑感
新年明けましておめでとうございます

拙ブログにお越しいただきました皆様におかれましては健やかに新年をお迎えになられたこととお喜び申し上げます。皆様にとって本年が実り多き年となりますことご祈念申し上げます。
本年も仕事にプライベート色々と織り交ぜながら不定期ながらボチボチと更新していきたいと思いますのでよろしくお願いします<(_)>

辰

昨年の元旦に私は辛卯(かのと・う)の年は「前世紀を引きずっているいる支配層が死守する劣化した仕組みを障害と見なして、自然の働きが除去する年」と書かせて頂きました。
政治の世界に目を向けると、大阪ダブル選挙において、地方主権を標榜する大阪維新の会が民主、自民、公明の超党派連合に圧勝した結果などを見ますと、まさに前世紀を引きずっている支配層が死守する劣化した仕組み(=官僚主導型の中央集権)が終わったと言えた年だったのではないでしょうか?

私たち新英産業においては、設立50周年を向かえ、一つの節目として社史の編纂、50周年記念式典などを執り行いましたが、同時に、これまで私たち新英産業を支えてくれてきた役員団が昨夏の8月20日をもって、後進の育成のために非常勤となり、取締役から相談役へと降り、完全な新体制となりました。また、2004年から始まった改革も、部門別人時生産性と日次決算、フィロソフィ勉強会、日本経営品質賞(JQA)のフレームワークを用いたマネジメントシステムの部分導入、全ての業務の洗い出しと業務フローを効率化する業務効率改善プロジェクトなど、これまで考えてきた改革の全てに着手しました。私にとっては大変忙しい一年でしたが、同時に充実した一年となりました。

みなさまにとってはどんな一年だったでしょうか?


さて、前置きが長くなってしまいましたが、本年の干支であります「壬・辰(みずのえ・たつ)」がどんな年になるのか、恒例により調べてみました。

まずは壬ですが、もともと「壬」という字は糸巻きの芯棒に糸をたっぷり巻きつけて膨れ上がった姿の象形文字で、中にたっぷり入れ込んで膨れるという意味があるそうです。そこから母親が赤ちゃんをお腹に入れ込むのを「妊」と書き、荷物や仕事を両手いっぱいに入れ込んで抱き込むのを「任」と書くのだそうです。干支での壬は十干の9番目にあたり、10年を一単位とする生命が寿命を全うする前年であり、樹木が大きくなった状態で、生命体が完成する仕上げの動きとなります。

続いて十二支の「辰」ですが、諸説様々で良く分からないところがあるのですが、どうも農耕で貝殻を持って土を柔らかくする道具として用いた淡水の平らな二枚貝を表しているようです。干支では様々な武器、道具を表す字が使われていますが、辰は人間が作り出した武器ではなく、自然の産物を道具にしたものである事から、強い自然の力が現れると解釈されます。また、辰とは今の時間で午前8時を現わしており、樹木の枝が日毎伸びるのが分かるほどすくすくと自然に成長する最も元気な時という意味もあります。そこから辰は強い自然の力で伸びる年と解釈できます。

これらの事から壬辰は「グングンと成長し大きく膨れ上がり生命が完成する年」になるのではないかと考えます。

ただし、伸びると言ってもプラスに伸びるとは限らないという警笛もあり、過去の壬辰の年を調べてみると、120年前の1892年は、第2次伊藤内閣が発足し、2年後(十干十二支60年の後半・新世代がスタートする年)の日清戦争発端の種がまかれました。60年前の1952年は大不況の中で講和条約が発効となり2年後自衛隊発足。以降未曾有の繁栄に発展しています。干支では新世代はプラスにしろマイナスにしろこの壬辰の年で以降の命運が決まるとされている非常に重要な年になっています。

私たち新英産業では、これまで地道な努力で進めてきた改革がいよいよ大木に育つ(育てる)年だと位置づけたいと思います。そして、新世代を大発展のプラスの30年にすべく必死の努力をしていく年にしてまいります。

本年もどうぞよろしくお願いします。


ブログランキングに参加しています。応援お願いします(^^;

人気ブログランキング人気ブログランキングへ

FC2人気ブログランキングこちらもポチッと押してねぇ~
スポンサーサイト

copyright © しあわせをつかむ戦略経営日記 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。